top of page

misawa now … wix版

DIY雑感





ここ二年ほど、DIYにいそしんでいます。

それまで借家だった家を買い取って

かなりのボロ屋なのですが

私はなんとも思ってなくて

逆に直すところが多くて楽しいぐらいの感じで。


最初の頃は、SNSで発信したり

コミュニティーに入って投稿したりしていました。


すると、仕上りの雑さや、大工仕事の知識のなさを指摘するコメントなどがあって

自分の中に「?」がわきました。


キレイな仕上りを目指すなら

プロにお願いする方が、早くてキレイです。


何故、DIYになったのかを考えると

予算がなかったこともありますが

大工さんに自分の意図がうまく伝えられなくて

あれこれ折衝したのち、お互いの妥協案で納まってしまったり

大工さんが手掛けた部分だけやたらキレイで、

他の部分と馴染んでなくて違和感出るくらい浮いてしまうこと


ここまで書いて自分でも気付いたのは

自分自身がキレイな仕上りをを求めてなくて、 他の部分との馴染みや、DIYの行為そのものを楽しみたいと思っていることでした。


例えば、傾いているものがあったら、どうまっすぐするか考えるのではなくて

どんなつっかえ棒をしたら面白くなるかなと考えてしまう。


それは、自分の写真にも繋がることで

語弊があるかもしれないけど

キレイな写真を目指していなくて

見る側、撮られる側の気持ちに違和感なく溶け込んで

プラス…

新しい気付きを伝えられる写真を目指しているんだなあと…

閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示

三澤家は今 …

bottom of page